軸天馬

(JRA)軸馬選出
軸天馬 TOP  >  ブログ >  ジャパンカップの軸天馬

ジャパンカップの軸天馬

競馬ブログ 単勝・複勝


ブエナビスタの前走(天皇賞)は大楽勝だった

JCも1番人気確実といったところだろう

だがちょっと待てよ

確か過去に同じようなことが・・・


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


思い出した

2003年のシンボリクリスエスだ

同じく休み明けで天皇賞を大楽勝して

JCでは連対もできなかった

当時、東京開催で1番人気にペリエが騎乗となれば

「神様、ペリエ様」と言われるくらい鉄板候補だった

当然馬券は紙屑に・・・

今でも苦い思い出として記憶に残っている


休み明けで、天皇賞秋は大楽勝であっても、

たとえペリエ騎乗でも、JC連勝は無理なんだと悟った


時が流れ、馬も変われば騎手も替わる

もしかすると

シンボリクリスエスよりもブエナビスタが上かも知れない

こんなことを書くと、当日解説席に座る岡部に

「牝馬と牡馬の違いがわからないのか」

と叱責がとんできそうだσ(^_^;)


とまあ、こんなデジャブのような回想が、

結構今までの馬券に活かされている

なので、今回は軸天馬に推すことはないだろう



軸天馬はよほどのことがない限りこの馬だと前にも書いた

以前の記事を読むのが面倒なら


ここで確認してくれ→人気ブログランキングへ


馬場が気になるようなコメントをよくみかけるが

歴史に残る馬というのは、馬場の良し悪しは苦にしないものだ

これまでの走りを見てもそう思う

ギャンブルなのだから「そう思う」でいいヽ(゚◇゚ )ノ



ギャンブルと言えば、今走でピッタリ当て嵌まる馬がいる

ペルーサだ

前走はありえないところからすっ飛んできた

あの足を見せられては、


「ゲートを無事に出るか出ないかのギャンブルだ」と言いたくなる

あと少し距離があったら?は

競馬には通用しないことはよくわかる

だが、前走の敗因は(も)あきらかに出遅れだ

距離が伸びたらという議論でもない

名トレーナーの藤沢が、超一流騎手の安勝が、

策を弄せず、同じテツを踏むだろうか?

馬具も変えて出走するらしい


さらに

今年のような酷暑の夏は、サラブレッドの管理が非常に難しいと聞く

それでもキッチリ仕上げてくると他陣営も一目置くのが藤沢だ

しかも叩き3走目

普通に出さえすれば、今回の相手でもあっさり勝てそうな

そんな底知れない雰囲気を人馬ともに醸し出している

次位候補はこの馬かブエナかで迷っている


外国馬はよくわからないのでバッサリ・・・これもギャンブル(^∇^)



とにもかくにも

1年を通して、JCが一番楽しみなレースだ


Have a Good KeibaLife!


--------------------------------------

年末は多忙につき、全レースの軸馬候補2頭

の公開時間が少々遅れる場合もあると思う

朝方までにはUPするよう心がけるので御了

承願いたいm(-?-)m

--------------------------------------




《軸天馬》 お問い合わせ
[ 2010/11/26 10:06 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

profile

Daimaru

Author:Daimaru

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お問い合わせ
全記事表示リンク
検索フォーム