軸天馬

(JRA)軸馬選出
軸天馬 TOP  >  多点買い資金配分方法 >  多点買いで資金配分を組む方法

多点買いで資金配分を組む方法

競馬ブログ 単勝・複勝


今日は、多点買いであっても資金配分が組める方法を話そうと思う。


たとえ多点買いであっても、どの目がきてもプラスになるという方法だ。


知っている人や、面倒なことはゴメンだと言う人は素通りしてほしい。


元来、数学が苦手な上、理論で説得する自信もないので、
何故こうなるのか、ということに関しては割愛させていただく。

単純に、こうすればこうなると、理論を省略して述べることにする。



ではさっそく説明に入ることにする。


参考レースは、先頃行われた<天皇賞(秋)>


人気のブエナビスタからの馬連上位オッズは以下の通りだった。


②―⑫  5.0倍
②―⑩  8.9倍
②―⑦ 10.3倍
②―③ 11.2倍
②―④ 21.2倍
②―⑱ 23.7倍
②―⑯ 27.7倍
②―⑮ 31.7倍
②―⑭ 35.6倍
②―⑪ 38.6倍


この場合、ブエナを軸に馬連を10点購入しても、
以下の条件さえ満たすことができれば、
どれが的中してもプラスで終えることができた。


(ここでは単純にブエナを軸に馬連を10点購入と書いたが、
*条件をクリアできれば何点買いでも利益はでる)



その計算式はこうだ。


1)まず最初に各馬券のオッズで1を割る
(ここでは小数点第4位以下は切り捨て)


②―⑫  5.0倍(1/5.0=0.20)
②―⑩  8.9倍(1/8.9=0.112)
②―⑦ 10.3倍(1/10.3=0.097)
②―③ 11.2倍(1/11.2=0.089)
②―④ 21.2倍(1/21.2=0.047)
②―⑱ 23.7倍(1/23.7=0.042)
②―⑯ 27.7倍(1/27.7=0.036)
②―⑮ 31.7倍(1/31.7=0.031)
②―⑭ 35.6倍(1/35.6=0.028)
②―⑪ 38.6倍(1/38.6=0.025)


2)次に、1をその合計で割る


1÷(0.20+0.112+0.097+0.089+0.047+0.042+0.036+0.031+0.028+0.025)

=1.4144・・・

1.41


このときの値が1.1以上であればどの目がきてもプラスになる。

*1.1以上になることが条件)


ちなみに上記、天皇賞(秋)の場合は、1.41ということだから
馬券が的中すれば約141%の回収率が得られるということを意味する。


3)10,000円で勝負する場合は、以下のように資金配分を組む
(馬券購入は100円単位なので端数切り上げ)


②―⑫  5.0倍(10000円×1.41÷5.0=2820円・・・2900円)
②―⑩  8.9倍(10000円×1.41÷8.9=1584円・・・1600円)
②―⑦ 10.3倍(10000円×1.41÷10.3=1368円・・・1400円)
②―③ 11.2倍(10000円×1.41÷11.2=1258円・・・1300円)
②―④ 21.2倍(10000円×1.41÷21.3=661円・・・700円)
②―⑱ 23.7倍(10000円×1.41÷23.7=594円・・・600円)
②―⑯ 27.7倍(10000円×1.41÷27.7=509円・・・600円)
②―⑮ 31.7倍(10000円×1.41÷31.7=444円・・・500円)
②―⑭ 35.6倍(10000円×1.41÷35.6=396円・・・400円)
②―⑪ 38.6倍(10000円×1.41÷38.6=365円・・・400円)


こうすれば、どの馬券が的中しても利益は出る。


総投資金が10400円ということで400円ほど足は出るが、
馬券は100円単位でしか買えないのでこれは仕方ない。


結果はご存知の通り、②番のブエナが抜け出し、
⑦番のペルーサが猛追するも届かず2着。


馬連は②―⑦で10.3倍だった。


投資金は1400円なので、10.3倍×1400円=14420円
の払い戻しで、回収率は138%である。


軸天馬に推奨したブエナが人気であっても、
条件さえクリアできれば、たとえ馬連10点買いでも利益は出る。


今回は馬連上位人気10点買いで計算したが、
5点買いなら1.83(馬券が的中すれば約183%の回収率)、

また、馬連上位人気3点買いなら2.44(馬券が的中すれば約244%の回収率)
ということになり、ブエナの単勝2.2倍を越える。


この場合、1着でこなければならないというリスクと、
2着でもいいが相手を絞らなければならないという
リスクを天秤にかけることになる。



また、この配分方法は、なにも1番人気を軸にする必要もない。


人気薄の馬を軸と決めているが、
相手が絞れないという場合でもこの配分を組めば、
たとえ総流しでも莫大な回収率が期待できる。


本命党、穴党に限らず、場合によっては多点買いの
価値を調べてみるのも 『一考』 と思うがどうだろう。



なかには、こんな面倒なことはゴメンだという人もいるだろう。


だが 「競馬は儲かってこそ正義だ」

と考えている人には参考になるかもしれない。


【人気blogランキング】   

┗参考になった方は是非ビックリマーク


競馬の神様と言われた、今は亡き大川慶次郎氏もこう言っておられた。


「的中に近道なんてものはない ~中略~ ひたすら研究あるのみ」と。


労を惜しまず、まずは計算(研究)してみることだ p(^o^)q


Have a Good KeibaLife!


《軸天馬》 お問い合わせ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

profile

Daimaru

Author:Daimaru

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お問い合わせ
全記事表示リンク
検索フォーム